スピナッツとは

スピナッツとは、Spin(紡ぎ)+Nuts(夢中になる)を合わせて造った言葉です。

1983年、インドへ行く前にオーストラリアに途中下車、友人の奥様が、毛刈りしたての羊1頭分の羊毛=Fleece(フリース)を糸車の横にボンと置き、毛刈りしたての羊の毛から糸を紡いでいるのを見てびっくり!「糸ってこんなふうにして作るんだ」と衝撃を受けたことからすべては始まりました。

スピナッツとは

「フリース」とは今出回っている化繊の衣料のことではなく、本来は羊1頭分の刈りたての羊毛をさします。
1枚のコートのように繋がっていて、羊の形に広げることができます。初めて見た光り輝くフリースの美しかったこと。その日“原毛屋になる”と決心し、3頭分のフリースを持ち帰って、原毛屋Spin house PONTA・スピンハウスポンタを始めました。1984年のことです。

きっと糸紡ぎなんて、日本では誰もやっていないだろうと思って帰ってきましたが、知らなかったのは私だけで、いざ始めてみると日本にも、手紡ぎや手織りをしている人たちがたくさんいました。その出会う人、知らない事にその度驚いたり、考えたり、感激したことを誰かに伝えたくて、翌1985年から「情報誌スピナッツ」を作り始めました。 手書き、16ページ、コピー刷りの30部が創刊号です。

その後、原毛屋のスピンハウスポンタは、初心に戻り、今まで両輪としてきた原毛屋と雑誌をひとつにまとめるため、2012年「スピナッツ」を代表社名にしました。そして現在、開業より早32年が経ちましたが、「羊からの恵みを生かす」の気持ちを今まで以上にたくさんの方々へ発信できるようなお店にしたいと思っています。

これからも、なお一層のご愛顧賜りますようお願い申し上げます。