第2回 羊毛の染め方の基本

1.湿潤
羊毛の量(乾燥時の洗毛重量)をあらかじめはかっておく。羊毛をぬるま湯に20分程ひたし湿潤、羊毛に充分水分がしみこむことによって、むら染めを防ぐことができる。
その後、ザルにあけて30秒脱水。

*一度に染められる羊毛の量は、鍋の大きさによる。染液につけて羊毛がひたひた位の量とは、約50倍量。例えば6リットルの鍋なら100~120gの羊毛を用意する。

2.染料を入れる
鍋に羊毛の50倍量の湯(40℃)を用意し、火にかけ加熱しはじめる。そこに熱湯で溶いた染料と酢酸を入れ、よく混ぜる。

3.羊毛をゆっくり入れ、30分かけて温度を上げる
湿潤した羊毛をゆっくり入れ、フタをして30分かけて沸点までゆっくり温度をあげていく。

4.底からひとまぜして また、沸騰
途中で底からグルンとひとまぜする。
沸騰後30分煮る。

5.放冷
フタをあけて火を止めて、手が入れられる温度になるまで、なべに羊毛を入れたまま放冷する。
温度が下がる80℃前後で、染液はしっかり羊毛に吸い込まれる。
その後ザルにあける。

6.すすいで乾燥
ぬるま湯で2度すすいでから30秒脱水。この時色が落ちないようなら、もう一度すすぐ。

*色止めに、市販の定着剤を使っても良い。

まだら染めの染め方
まだら染めは、一鍋に3原色を入れます。
羊毛を入れ、沸騰しかけた鍋に、台所洗剤で溶いた染料を、まずベースにするする色を十文字にいれ、そのあと4マスに違う色を入れていきます。
そうすると、鍋の中で微妙に色が混ざり合い、右の写真のように、一鍋でグラデーションに染まります。

まだら染めの羊毛を紡いで編むと、カワイイ編地になりますよ!