第7回 糸を紡ぐ3 双糸を作る

1.種糸を引き出す
同じ撚り方向の糸を、ボビン2つ分作り、ボビン立て(レイジーケイト)に立て、それぞれの糸を引き出してくる。
2本の単糸を、指の間に交互に通してあやをとっておく。そうすると糸のテンションが同じになり、コブができない。

2.2本揃える
ボビンの軸に結んだ種糸をオリフェイスから引き出し、その種糸の端に輪を作り、そこに2本の糸をくぐらせる。

3.単糸の時とは逆に撚りをかけていく
2本の糸のテンションが同じになるよう、右手指であやをとり、単糸を作る時とは逆の方向に車輪を回し、撚り合わせていく。

4.ボビンに巻き取る
太いところには撚りがかかりにくいので、毛をのばしながら均一になるようにする。