第10回 スピンドルの使い方

1.種糸に羊毛をつける
スピンドルの軸棒に紙を巻いてボビンにする。そこに種糸(30cm程)を結び付け、その先に輪を作っておく。
その輪に羊毛をくぐらせる。

2.軸の先に種糸をかける
羊毛を重ねて持ち、種糸を軸にクルクル巻き付け、軸の先のみぞ、あるいはヒートンにひっかける
 ⇒『はじめての糸紡ぎ』p.54参照

3.軸を回転させる
右手に羊毛を持ったら左手で軸の先を時計回り(Z撚り)に回しはじめる。いつも同じ方向にまわすように気をつける。

4.羊毛をのばす
右手で羊毛を充分にのばしたら、

5.撚りを伝える
左手は糸に添ってつたい上がって撚りを伝える。この動作を繰りかえす。

6.追撚する
途中でスピンドルがまわらなくなったら、右手で糸を支え、左手で軸をまわして回転させる。

7.糸を巻き取る
充分に手がのびるところまで糸ができたら、軸の先から糸をはずし、紙の上に巻き取っていく。

8.軸の先に糸をかける
最後は軸に糸をからませ、軸の先のみぞにひっかけ、又、3.に戻って紡ぐ。これを繰り返し、紙のボビンがいっぱいになるまで紡ぐ。