シェットランド

「この弾力、そして深いこげ茶。何を作ろうかぞくぞくします。もちろん服地(ピーコートなんていいね!)に適。
それから以外にもフェルトにするとその質感にあっと驚きます。それから、強撚糸のポンチョというのも通の使い方。ニットにすると、このタイプの毛は糸でもぷっとふくらみ、ガンジーセーターなどの柄がよくでます。

右から、シェトランドレースは田村直子さん作。
白のセーターはスピナッツオリジナル、シェットランドの紡績糸、編み手は舞鶴圭子さん。グレーのチェックのベストはきだて槙江さん作。


上の白いセーターは、2003年のスピナッツオリジナル・シェットランドのベリーで作った6,5番紡毛単糸で作ったセーターです。
もうふわふわっと軽やかで天使の衣、レースはもちろん羽の様です。半袖で220gで出来ています。(レース後述)
スピナッツ32号「ひつじさんこんなにいろいろ・シェットランド」
下のミニチュアセーターは伝統的なフェアアイル柄、シェットランドウールならではのふくらみと、軽くて薄い出来上がりに愛着の一着です。内木早由美さん作。
スピナッツ60号ミニチュアセーター製図あり

う・・・このとろけそうなレース!田村直子さん作。
彼女は2005年「10gで最も長い糸を紡ぐコンテストで2位と大きく水をあけて1468,61m/10g-双糸でトップ!ギネスに登録中です。その彼女の大作。1,5m四方の大作にもかかわらず58gしかありません。
やわらかさとふくらみ、エッジの山型がぴんと張った感じはシェットランドならではです。
スピナッツ49号「田村直子・シェットランドレース特集」


さてさて比較に、他品種でも同じテクニックで田村さんはレースを作ってみました。
上はメリノ(苔染め)、下はロムニ-。繊維の細さがシェットランドとほぼ同じ60sのメリノでどうなるか・・・・まとわりつくようなやわらかさはいいのですが、決定的に違ったのは、はりとふくらみ。エッジがなじんでぴんとしないし、フワッとしないのでぺったりしてしまいました。
それに比べて、太番手のロムニーが以外や以外・・・シェットランドに良く似たはりが出てきて、エッジがピーン!と、立ったのです。ただし肌ざわりはシェットランドには負けます。それに肌ざわりはやっぱりちょっとハリハリしてます。
レースはやっぱりシェットランド・・・と、納得した次第です。

まずは、一度は手にしたいシェットランド。レースにニットに服地に何でもこい!一度てにとってみませんか?
ご注文の際は色だけでなく、用途もおっしゃってください。