チェビオット

「服地といえばチェビオット。チェビオットにはじまりチェビオットに終わると言われるくらい。
その中庸で素直な毛質で、細番手はショールから、服地、ブランケット、ニットまで何でもコイ!
まるで小麦粉のように糸の作り方次第でパン、ケーキ、麺となんにでもなるという羊毛。

下からすずきひろこさん作赤いコート。真中は蟻川工房、そして白いセーターは2004年のスピンハウスオリジナル紡績糸のチェビオット。
いずれもむっくりとふくらみあるなかに、ハリのある質感。ボリュームのわりにとっても軽くて、型くずれしません。そこがチェビオットならでは、さすが英国羊毛とうなります。

ミニチュアのセーターを作ったのは内木早由美さん、アラン模様の柄がしっかり出ているのはふくらみのあるチェビオットの毛の特徴が生かさているからです。