リンカーン

リンカーンは英国が原産。羊毛中最も太番手、しかも長毛で大きなクリンプスが美しい。主にインテリアファブリック(椅子張りなど)に使われる。
そしてイングリッシュレスターは、見た目リンカーンとほとんど変わらないが、1ランク細番手、用途は同じくラグ用。

リンカーンの特徴、光沢のある長毛を生かしたブランケットはフェルトも組み合わせて塚本晃さん作。
リングショールは細く梳毛に紡いで鎖編みでしあげたもの、 くらやれいこさん作。リンカーンでショールはちょっと首回りにはちくちくするけどふわっと羽織るならゴージャスです。
このクリックリッとした大きなリングは、リンカーンでしか表現できません。 大きな波のクリンプスを持ち、太くて重たい繊維だからできることなんです。

それから、リンカーンは思いのほかフェルト化します。間瀬今日子さんの縮絨ヤーンのように、ゆったり紡毛で太い糸を紡ぎ、グッサリ織って、しっかり縮絨させるとガツンと縮みます。やっぱりラグにいい羊毛です。


間瀬さんの縮絨ヤーン「特集 間瀬今日子」スピナッツ58号p22

シャギーマットの作り方(スピナッツ47号より抜粋)