キッドモヘヤ

トルコ原産のアンゴラゴート(山羊)の毛、螺旋状にカールした光沢のある毛質で、キッドモヘヤ(18か月まで)と大人になってからの毛質が大きく異なり太くなるため、仔山羊の毛を特に「キッドモヘヤ」と呼ぶ。すなわちキッドモヘヤはニットにできるくらい細いが(コリデールくらいの中番手)、アダルトゴートになるとリンカーンくらいの敷物用の太番手になる。
モヘヤを100%で使うと糸に膨らみが欠け重たくなるので、羊毛をブレンドしたほうがモヘヤらしい特徴が出る。コリデールからロムニーくらいの毛番手のものを混ぜるとよい。
フェルトにはしっかり絡まない。どうしても使いたい時にはメリノを70%くらいブレンドすればよい。少ない量でもモヘヤは糸にしてもフェルトにしても、十分モヘヤらしい特徴=光沢とファンシーさは出てくるので、自分の好みの%を試してみるとよい。

祐子ちゃんのモヘヤの白バック
     モヘヤの糸