SPINNUTS


購入はこちらから

amazonでも購入できます。

amazont

 
スピナッツ出版の本 取扱店

[北海道]北海道カランコ会 大道教室、
ブリコルール、[長野]百々屋、[大阪]
ておりや、oriori、[京都]ワークショップ
金の羊、ジュンク堂書店 京都店、SETSUKO TORII、レティシア書房、Gallery啓、恵文社 一乗寺店、ホホホ座、ラ・メール、いとへん、[岡山県]Kakara Woolworks 倉敷本店、[福岡県]彩り工房、翔工房、taramu books & cafe、BOCKLE

スピナッツ出版について

スピナッツは“Spin紡ぐ+Nuts夢中になる”の二つを繋げて作った言葉です。
情報誌SPINNUTSは、1985年に16頁30部から始まりました。その「紡ぎに夢中」という気持ちを大切に、暮らしを紡ぐ衣食住に視界を広げた雑誌を目指しています。

さて羊は、人との8000年と言われる歴史の中で、その毛から糸を紡いで服を作り、毛皮は敷物やコートにし、乳からはチーズを作り、もちろんその肉で空腹を満たしてきました。モンゴルの人は、羊毛から作ったフェルトの家、ユルト(ゲル、パオ)に住んでいます。
今、ペットボトルから作るリサイクルのフリースが注目されていますが、そのずっと昔から羊毛製品はリサイクルされてきました。すなわち現在も愛知県一宮などでは、古くなったウールのセーターを、もう一度ほぐして反毛にする工場が稼働しています。
また1986年のチェルノブイリ以降、英国のシェットランド島の羊から、高レベルの放射能汚染が検出されました。その後8年経っても1000ベクレル/hを超える羊毛が日本にやってきていた事は衝撃でした(スピナッツ80号掲載)。
素材の原点に触れるということは、まさに地球環境を肌で感じるということ。そこから自分は何を考え、何を行動するかが問われます。

このスピナッツは、手芸に夢中な羊マニアだけじゃない、8000年の昔に思いをはせるロマンティックな羊物語や、伝統の技術を掘り下げるディープワールドだけじゃない。現代に生きるリアルな羊と羊毛を、いろんな角度から掘り下げていきたいと思います。羊をめぐる衣食住、すなわち人の暮らし全て、スピナッツの土俵はワールドワイドに広がります。


最新号のご紹介

スピナッツ98号
Sheep&Wool 羊毛のある暮らし

2017年9月1日発行

今回の号は、一冊丸ごと「藍」特集です。吉岡幸雄氏の特集「JAPAN BLUE」では、藍染の来歴に始まり、藍の奥深い魅力に気付かされます。山崎茂樹氏の特集「ウールの藍染方法3種」。吉谷美世子さんの連載「草木染めの布フェルトを検証して」でも「藍下による混色“緑と紫”」を取り上げています。そしてニット作家・笹谷史子さんの新連載「ははの手仕事」も始まりました。

特集・「JAPAN BLUE」
吉岡幸雄

世界と日本における藍の歴史を紐解くことから始まり、藍色に染まる植物、藍の建て方、絹・麻・木綿の染め方までを紹介。また、9月10日(日)には東京スピニングパーティーにて吉岡幸雄氏のレクチャー「日本の藍 ジャパンブルー」がおこなわれます(参加自由・先着80名)。鉄紺、褐、紺、縹、水色、そして甕覗までの藍の色の違いを実際に見て、染色界のレジェンド吉岡幸雄氏の言葉に触れるチャンスです!
※詳細は東京スピニングパーティーWEBサイト(http://tokyo-spinningparty.org)でご確認ください。

特集・ウールの藍染方法3種
山崎和樹

「ウールに藍染は合わない」という、どこかで聞いたことのある言葉…。でもなぜそう言われるのか、本当にそう言えるのか。草木染研究所3代目の山崎和樹氏が、化学的に答えてくださいました。そして羊毛に適した藍染法を3種を紹介してくださいます。

連載・あそびごころ vol.6 「房をたのしむ」
アンデスの目玉模様の織り紐
oriori 洲崎英美

最初に原始機の星野利枝さんが「The Art of Bolivian Weaving」の本から織り方を解読し、洲崎英美さんが技法を習熟、フェルト作家の辻俊子さんとのコラボレーションで作品へ仕上げられました。紀元前からあるアンデス文明の技法が、現代の日本で蘇りました。手指をフルに使うまさに“あやとり”のような織物なのです。

【タテ書き目次】
・手紡ぎの風景 97 「移動」と「隔離」 本出ますみ
・特集・「JAPAN BLUE」 吉岡幸雄
・連載・糸紡ぎの情熱をさがして 04 ひとえ「紡ぎを広めたい」カカラ ウールワークス・東京スピニングパーティー実行委員会 青島由佳
・庭木の恵み 27「サザンカ」 石田紀佳
・CREATIVE FELT ASSOCIATION「感動に遊ぶ」 矢澤ただえ
・Fleece of the Year 2017 第7回 国産羊毛コンテスト 結果発表
・連載・チリ交春秋 第29回「団体古紙回収」 岩井和一郎

【ヨコ書き目次】
・連載・先染め/後染め 第6回 草木染めの布フェルトを検証して 藍下による混色“緑・紫” 吉谷美世子
・連載・あそびごころ vol.6 「房をたのしむ」アンデスの目玉模様の織り紐 oriori 洲崎英美
・特集・ウールの藍染方法3種 山崎和樹
・連載・一枚の布を無駄なく使う 第7回 正方形から作るニット地のコート つくるひと・中村咲子
・連載・ははの手仕事 第1回 にぎにぎとガラガラのおもちゃ 笹谷史子
・information