SPINNUTS


購入はこちらから

amazonでも購入できます。

amazont

スピナッツ出版の本 取扱店

[北海道]北海道カランコ会 大道教室、ブリコルール、[長野]百々屋、[大阪]ておりや、oriori、[京都]ワークショップ金の羊、ジュンク堂書店 京都店、SETSUKO TORII、レティシア書房、Gallery啓、恵文社 一乗寺店、ホホホ座、ラ・メール、いとへん、[兵庫県]神戸デザインセンター[岡山県]Kakara Woolworks 倉敷本店、[広島県]工房 Sheepspot、[福岡県]彩り工房、翔工房、taramu books & cafe、BOCKLE

スピナッツ出版について

SPINNUTS(スピナッツ)は「SPIN(紡ぐ)」+「NUTS(夢中になる)」の二つを繋げて作った言葉です。

雑誌『SPINNUTS』は、1985年に8ページ30部から始まりました。「紡ぎに夢中」という気持ちを大切に、暮らしを紡ぐ衣食住に視界を広げた雑誌を目指しています。

さて羊は、人との8000年と言われる歴史の中で、その毛から糸を紡いで服を作り、毛皮は敷物やコートにし、乳からはチーズを作り、もちろんその肉で空腹を満たしてきました。モンゴルの人は、羊毛から作ったフェルトの家、ユルト(ゲル、パオ)に住んでいます。
ペットボトルから作るリサイクルのフリースが注目されていますが、ずっと昔から羊毛製品はリサイクルされてきました。現在も愛知県一宮市などでは、古くなったウールのセーターを、もう一度ほぐして反毛にする工場が稼働しています。

また1986年のチェルノブイリ以降、英国のシェットランド島の羊から、高レベルの放射能汚染が検出されました。その後8年経っても1000ベクレル/kgを超える羊毛が日本にやってきていた事は衝撃でした(スピナッツ80号掲載)。
素材の原点に触れるということは、まさに地球環境を肌で感じるということ。そこから自分は何を考え、何を行動するかが問われます。

雑誌『SPINNUTS』は、手芸に夢中な羊マニアだけでなく、8000年の昔に思いをはせるロマンティックな羊物語や、伝統の技術を掘り下げるディープワールドなど、現代に生きるリアルな羊と羊毛を、色々な角度から掘り下げていきたいと思っています。羊をめぐる衣食住は、人の暮らし全て。SPINNUTSの土俵はワールドワイドに広がります。

 

「カテゴリー別バックナンバーリスト AS YOU LIKE 2018」
※PDFデータです。Acrobat Readerなどのアプリでご覧ください。
forWEB_ASYOULIKE2018

 


最新号のご紹介

スピナッツ101号
Sheep&Wool 羊毛のある暮らし

2018年9月7日発行予定

2018年5月に「SPINNUTS」は、100号を迎えました。そして9月発行の今号からは、装丁も内容も、もちろん気持ちも新たにリニューアルいたします!
今までの「羊毛のある暮らし」というキーワードにプラスして、“子どもと一緒に”という視点を加えました。それが「〇歳からの草木染」です。そして巻頭は、スピナッツの本領発揮、英国稀少品種の特集です。バラエティーに富んだ羊の数々をお楽しみください。さらに新連載も続々始まりました。まきば写真家の平林美紀さんの「ひつじ写真館」など、どうぞお楽しみに!

新連載・〇歳からの草木染 佐々木和也
園児たちの歓声から―驚きの沈殿藍 解説:染太郎KITAZAWA

草木染に没頭する子どもたちの臨場感あふれる様子を書く、佐々木和也さんの文章に合わせて、染太郎KITAZAWAさんの解説が、まるでスポーツの試合と実況中継のようです。〇歳でも、これほど草木染を楽しめるということに驚いていただけると思います。

新連載・妄想アートヤーン
ナカタアヤコ

糸を紡ぐということの面白みは、素材と太さと撚りと色の組み合わせです。その無限の組み合わせを妄想して表現していくことが醍醐味。今回からナカタアヤコさんに、技法も含めてアートヤーンをナビゲートしていただきます。

新連載・のこり福ごはん
タチカワマキ

スピナッツのテーマは「羊毛のある暮らし」。「暮らし」とはイコール「衣食住」。やはり“食べること”を抜かすわけにはいきません。今号から『羊の本』の表紙モデルもしていただいたタチカワマキさんに、余りがちな食材を美味しく楽しく食べる工夫いっぱいのレシピをご紹介いただきます。羊肉も使いますが、他のお肉でも作れるレシピになっていますよ。

【タテ書き目次】
●連載・手紡ぎの風景 101 「最初の気持ち」 本出ますみ
●特集・英国 羊をめぐる旅―レイク ディストリクトからヨークシャーへ
●連載・CREATIVE FELT ASSOCIATION「素材・技法・人との出会い」 西村明子
●新連載・ひつじ写真館 まきば写真家 平林美紀
●新連載・庭暮らし その1「すべての人に庭を!」 石田紀佳
●連載・チリ交春秋 第32回「…と思っていたのに」 岩井和一郎
●新連載・〇歳からの草木染~年長大空組の藍の継承(前編)~ 佐々木和也
●新連載・園児たちの歓声から―驚きの沈殿藍 解説:染太郎KITAZAWA
●第8回 国産羊毛コンテスト 結果発表
●新・東京スピニングパーティー2018
   

【ヨコ書き目次】
●新連載・妄想アートヤーン No.1「基本の糸を紡ぐ」 ナカタアヤコ
●連載・ははの手仕事 第4回「仔羊のケープ」笹谷史子
●連載・一枚の布を無駄なく使う 第9回「カシュクールワンピース」 中村咲子
●新連載・のこり福ごはん 第1膳「羊骨スープ 白味噌仕立て」「すだちきのこ」 タチカワマキ
●連載・あ・そ・び・ご・こ・ろ 房をたのしむ vol.8 「アンデスの織り紐 ― 平紐」 oriori 洲崎英美
●INFORMATION
●OMONCHANの生活くらぶ MEMO


『羊の本―ALL ABOUT SHEEP AND WOOL』のご紹介

羊の本
―ALL ABOUT SHEEP AND WOOL

2018年5月11日発行予定

羊の恵み―乳と肉と毛と糞―で、人は一万年を生きてきました。そんな羊と羊毛のことを楽しめる一冊です。
羊の毛刈りから始まり、毛を洗い、紡いで糸を作ること。羊毛の毛質にことと、そこからどんな作品が作れるかについて。また羊毛産業の工程とその現状。羊の世界史、日本史、羊をめぐる世界観、さらに日本の羊飼いの紹介まで。羊と羊毛に関わる人たちのことをたくさん盛り込みました。

羊の恵み―衣食住
羊の毛、肉、乳で人は命を繋いできた

人が羊を家畜化したのは約1万年前といわれています。仔羊のための乳を横取りしてチーズを作り、老羊の肉を食べ、毎年伸びる毛でフェルトを作り、糸を紡ぎ、毛皮で衣や寝袋を作って体を温め、糞は燃料にしました。羊を守り飼い慣らすことで、人はサバイバルしてきたのです。収穫が不安定な狩猟生活とは違い、牧畜生活によって人はどれほど安心できる日々を享受したことでしょう。羊と人の関係を知ることは、まさに持続可能な暮らし方を知るということなのです。

羊の品種
毛質の特徴で4つに分ける

羊の品種は世界中に約3,000種あるといわれていますが、羊毛の毛質に注目すると、例えば味覚が「甘い」「辛い」「酸っぱい」「苦い」「渋い」などで表現できるように、羊毛も「柔らかい」「弾力がある」「光沢がある」「白髪っぽい」という毛質の特徴でグループ分けすることができます。この本では、4つの毛質をそれぞれ「柔らかい=ピンク」「弾力がある=黄」「光沢がある=青」「白髪っぽい=緑」に色分けしています。このように大きく分類することによって、品種にとらわれずに、羊毛の特徴を生かして作品作りができるでしょう。

スピニング
自分の手で糸が作れる喜び

21世紀の現代は、お金さえ出せば衣食住すべての物が手に入るようになりました。自分で作らなくても何の不自由もありません。しかしちょっと手を動かして糸を紡いでみると、思いのほか簡単で楽しいことに気が付きます。この章では手紡ぎ・スピニングの工程を紹介します。それは物を作る喜びであり、暮らしの原点です。

日本の羊飼い
持続可能な経済への扉を開く「羊のいる暮らし」

羊の文化は約1万年前に始まり、世界各国に伝播しました。その中に日本が仲間入りしてようやく100年余り。1957年に約100万頭を数えた羊も2017年には17,000頭余り、とても「日本には羊がいます」と言える頭数ではありません。しかしそんな中でも存在感のある羊飼いが少なからず登場しています。生産牧場から観光牧場、町中羊飼いに至るまで。そうした羊たちの役割は肉と毛だけなく、除草、土壌改良、人とのふれあい、そして暮らしを潤わせることまで。日本の羊飼いの実践そのものが、持続可能な暮らしのキーワードを秘めているように思います。

【目次】
・羊の恵み―衣食住
・羊の飼い方
・羊毛のクラス分け
・羊毛を洗う
・羊の品種
・羊毛の防虫対策
・スピニング
・フェルト

 
・羊毛産業
・羊の世界史
・羊の日本史
・世界の羊毛消費そして環境問題
・羊をめぐる世界観
・日本の羊飼い
・トラベラーズブランケット
・手紡ぎの風景 No.100