SPINNUTS


購入はこちらから

amazonでも購入できます。

amazont

 
スピナッツ出版の本 取扱店

[北海道]北海道カランコ会 大道教室、
ブリコルール、[長野]百々屋、[大阪]
ておりや、oriori、[京都]ワークショップ
金の羊、ジュンク堂書店 京都店、SETSUKO TORII、レティシア書房、Gallery啓、恵文社 一乗寺店、ホホホ座、ラ・メール、いとへん、[岡山県]Kakara Woolworks 倉敷本店、[福岡県]彩り工房、翔工房、taramu books & cafe、BOCKLE

スピナッツ出版について

スピナッツは“Spin紡ぐ+Nuts夢中になる”の二つを繋げて作った言葉です。
情報誌SPINNUTSは、1985年に16頁30部から始まりました。その「紡ぎに夢中」という気持ちを大切に、暮らしを紡ぐ衣食住に視界を広げた雑誌を目指しています。

さて羊は、人との8000年と言われる歴史の中で、その毛から糸を紡いで服を作り、毛皮は敷物やコートにし、乳からはチーズを作り、もちろんその肉で空腹を満たしてきました。モンゴルの人は、羊毛から作ったフェルトの家、ユルト(ゲル、パオ)に住んでいます。
今、ペットボトルから作るリサイクルのフリースが注目されていますが、そのずっと昔から羊毛製品はリサイクルされてきました。すなわち現在も愛知県一宮などでは、古くなったウールのセーターを、もう一度ほぐして反毛にする工場が稼働しています。
また1986年のチェルノブイリ以降、英国のシェットランド島の羊から、高レベルの放射能汚染が検出されました。その後8年経っても1000ベクレル/hを超える羊毛が日本にやってきていた事は衝撃でした(スピナッツ80号掲載)。
素材の原点に触れるということは、まさに地球環境を肌で感じるということ。そこから自分は何を考え、何を行動するかが問われます。

このスピナッツは、手芸に夢中な羊マニアだけじゃない、8000年の昔に思いをはせるロマンティックな羊物語や、伝統の技術を掘り下げるディープワールドだけじゃない。現代に生きるリアルな羊と羊毛を、いろんな角度から掘り下げていきたいと思います。羊をめぐる衣食住、すなわち人の暮らし全て、スピナッツの土俵はワールドワイドに広がります。


最新号のご紹介

スピナッツ97号
Sheep&Wool 羊毛のある暮らし

2017年5月16日発行

97号の特集は「国産羊毛で服を作る」です。国産を考えること、それは「消費生活」ではなく「生産生活」を意識すること…すなわち自分の暮らし方を見つめ直すことでした。

特集「国産羊毛で服を作る」
ふくらみを生かしたツイードとニット

日本産羊毛の特長、それはふくらみです。この特長を生かしたツイードとニットを、紡績工場や、編み、織り、仕立ての職人さんたちと共に考え作りあげました。鎧のように固く重たい英国のハリスツイードとはまったく違う、まるでカーディガンのように柔らかくて軽いツイードになりました。
<編み図のダウンロードはこちらから>

「朝鮮毛綴の謎」
吉田孝次郎/本出ますみ/金寶蓮

朝鮮毛綴とは、15~18世紀に朝鮮半島で作られた、綴織に描画がほどこされた世界に類を見ない技法の敷物と掛物です。その来歴を調べる程に、日中韓の国交と交易の数百年の歴史を紐解くことになりました。古い物を見ることは、技法を解読する面白さだけではないのです。

「糸紡ぎの情熱をさがして」
“遊び”を実験中
bit spinning club 真鍋奈保子

建築家であり、アートヤーン作家、そしてギャラリストでもある真鍋奈保子さんに、糸を作ることの面白さ、醍醐味、そしてそこから広がる人の繋がりについて語っていただきました。

【タテ書き目次】
・手紡ぎの風景 96 「国産力」 本出ますみ
・特集・「国産羊毛で服を作る」
・朝鮮毛綴の謎 吉田孝次郎/本出ますみ/金寶蓮
・CREATIVE FELT ASSOCIATION「日々、刺激をうけたことを表現していく」 佐野八重子
・庭木の恵み 26「オリーブ」 石田紀佳
・連載・糸紡ぎの情熱をさがして 03 ひとえ 「“遊び”を実験中」 bit spinning club 真鍋奈保子
・連載・チリ交春秋 第28回「私、少数派です。」 岩井和一郎

【ヨコ書き目次】
・連載・あそびごころ vol.5 「房をたのしむ」 単純なのか?複雑なのか? oriori 洲崎英美
・先染め/後染め 第5回 草木染めの布フェルトを検証して 吉谷美世子
・連載・一枚の布を無駄なく使う 第6回 カシュクールのブラウス つくるひと・中村咲子
・information
・OMONCHANの生活くらぶ MEMO