スピナッツ出版

● スピナッツ出版について
スピナッツは“Spin紡ぐ+Nuts夢中になる”の二つを繋げて作った言葉です。
情報誌SPINNUTSは、1985年に16頁30部から始まりました。その「紡ぎに夢中」という気持ちを大切に、暮らしを紡ぐ衣食住に視界を広げた雑誌を目指しています。

さて羊は、人との8000年と言われる歴史の中で、その毛から糸を紡いで服を作り、毛皮は敷物やコートにし、乳からはチーズを作り、もちろんその肉で空腹を満たしてきました。モンゴルの人は、羊毛から作ったフェルトの家、ユルト(ゲル、パオ)に住んでいます。
今、ペットボトルから作るリサイクルのフリースが注目されていますが、そのずっと昔から羊毛製品はリサイクルされてきました。すなわち現在も愛知県一宮などでは、古くなったウールのセーターを、もう一度ほぐして反毛にする工場が稼働しています。
また1986年のチェルノブイリ以降、英国のシェットランド島の羊から、高レベルの放射能汚染が検出されました。その後8年経っても1000ベクレル/hを超える羊毛が日本にやってきていた事は衝撃でした(スピナッツ80号掲載)。
素材の原点に触れるということは、まさに地球環境を肌で感じるということ。そこから自分は何を考え、何を行動するかが問われます。

このスピナッツは、手芸に夢中な羊マニアだけじゃない、8000年の昔に思いをはせるロマンティックな羊物語や、伝統の技術を掘り下げるディープワールドだけじゃない。現代に生きるリアルな羊と羊毛を、いろんな角度から掘り下げていきたいと思います。羊をめぐる衣食住、すなわち人の暮らし全て、スピナッツの土俵はワールドワイドに広がります。

amazonでも購入できます。

amazont

● スピナッツ アーカイブ 
91号

90号

89号

88号

87号

86号

85号

84号

83号

87号のご紹介

86

スピナッツ87号

Sheep©Wool 羊毛のある暮らし

2014年1月20日発行

今回の表紙は、北海道三笠市奔別炭坑跡の変電所にて、造形作家の堀かをりさんに、羊のコートを着てもらいました。(→p30~p35)英国チェビオットとこの春毛刈りした国産羊毛をブレンドして、泉大津で糸にしてもらい、一宮で織り、バリのアトリエマニスさんの工房で仕立て、1枚のコートになりました。たくさんの職人さんの手を経て服は出来あがるのだという事を実感しました。そして撮影した時、廃坑跡という時が凝縮されたような地面の「記憶」、服の持つ「空気」、そして着る人の「スピリット」が呼応する不思議な経験をしました。服は人が着ることによって命が吹き込まれる。作る人と着る人に恵まれた「羊のコート」です。

絹の道は 羊の道

ローマからトルコ・イスタンブールを経て、ユーラシア大陸を横断し、はるか奈良・正倉院まで。その東西一万余キロに及ぶ陸海交易の道をシルクロードと名付けたのはドイツの地理学者と言われている。この西洋と東洋を繋ぐ道は、紀元前2世紀、中国の使節であった張騫がユーラシア大陸を西に向かったころから始まったとされているが、近年それよりさらに数世紀早いと思われる発見が続出している。歴史書に残るはるか以前より、人も羊も西に東に、往き来していた。

特集 一技一生 日本の絹の現場 2013

福知山/養蚕、岡谷/製糸、京都西陣/合わせ撚糸、糊付け、本撚り撚糸、絣括り、京都丹後与謝野町/製織
「2014年、工場職人共々移転、岡谷に“蚕糸博物館”が開館する」宮坂昭彦/「今ならまだ職人さんに技術を伝承してもらうことはできる」下村輝/「正倉院の錦は 大部分が国産と考えられている」尾形充彦

連載 吉谷美世子
変奏曲・Variation 色と素材の組み合わせで楽しむ 布フェルトのサンプルマフラー

布フェルトを作る時の悩み…それは石鹸(弱アルカリ性)で擦ることによって、酸性染料で染めた布等から色が滲み出てくることが多いことでした。今回は、反応染料(助剤にアルカリ薬品を使った場合)で染めた絹布を使うことによって、羊毛と布の色の重なりが、とてもきれいに出来上がりました。

手紡ぎの風景86 本出ますみ「種は雨を待っている」
「絹の道は 羊の道」中国 敦煌の羊飼い
特集 「一技一生」日本の絹の現場
連載 OMON CHANのページ un peu18 出会い
羊のコート 北海道奔別炭杭跡にて
連載 庭木の恵み17 石田紀佳 ガマズミ
フィンランドの子共の手袋 Rutsuko Sakata
連載 チリ交春秋 18 岩井和一郎「思い込み」
連載 冬の布フェルト 変奏曲・Variation 吉谷美世子
INFORMATION
おしまいに おもちゃ箱