93号のご紹介

89_cover

スピナッツ93号 Sheep©Wool 羊毛のある暮らし

2016年1月28日発行

93号のテーマ は「自足生活」。今回の表紙は美味しそうな羊毛とスピンドルです。テーブルの上に、果物のように羊の毛をおいて、糸紡ぎをしませんか?こたつみかんならぬ、こたつに毛糸。モンゴルの遊牧民の暮らし、そしてその草原に思いをはせ、楽しい足袋作り、1枚 の布を無駄なく使ってモンゴルのデールを作ったり・・・やる気の種がいっぱい入ってます。

90_4-5pg

特集「モンゴル」

モンゴルの遊牧民の暮らし、その衣食住・水・エネルギーを取材しました。馬で引く伝統的フェルトの作り方を、現代の作り方と比較、なるほど!!!洗っていないグリージーウールに水を掛けるだけでフェルトになるんだ!でもどうして?を、つぶさに現場で取材、そのあと実験して納得しました。もう一つは「羊を屠る」というビッグテーマに挑戦。羊1頭、まるごと無駄にしない。そして物のはじまりから、終わりまで、全てが目に見える遊牧民の暮らしのなかに、現代の消費生活を考えなおすヒントが隠されているように思います。

90_10-11pg

私の足袋作り 星野利枝

和装のときしか履かなかった足袋、それがこんなにかわいかったなんて!目から鱗です。お気に入りのハギレで、それもコハゼで止めるのではなく、ボタンや紐にすれば簡単でキュート。ジーンズにもよく似合う手作りの足袋を、原始機の星野利枝さんが紹介してくださいます。

90_10-11pg

先染め/後染め

草木染めの
布フェルトを検証して
吉谷美世子

手紡ぎ、手織りした布なら、やはり無駄なく使いたい。そして着やすく、何よりかっこいい服。民族衣装に見習いながら連載をはじめました。

【タテ書き目次】
・手紡ぎの風景 92「田舎暮らしなおもて自給をなすいわんや都会をや」 本出ますみ
・特集「モンゴル」
 /自足生活/自立した暮らし/モンゴル遊牧民のゲルのフェルト作り
 /ウランバートル郊外に住むオユナ家族の暮らし/オユナさんのゲル
 /羊を屠る/目に見える生活/始まりから終わりまで
・連載 庭木の恵み 22「ナンテン」 石田紀佳
・連載 羊四方山 第二回「羊飼いたぁ~い」 三木勇雄
・連載 現場実物目線
 第二回「正倉院古裂の修理と整理」 尾形充彦
・私の足袋作り 星野利枝
・連載 チリ交春秋 第24回「ハイテク」 岩井和一郎

【ヨコ書き目次】
・連載 あそびごころ vol.2「房をたのしむ」 oriori 洲崎英美
・連載 OMON CHANのページ un peu 24「羊時間」
・連載 先染め/後染め 草木染めの布フェルトを検証して 吉谷美世子
・連載 一枚の布を無駄なく使う 第2回 つくるひと・中村咲子
・information
・おもちゃ箱