ジェイコブ Jacob

羊毛の HOW TO

白と茶のブチで、ニットにブランケットに超人気フリースといえばジェイコブ。
洗って乾いたらびっくりするくらいフワッと膨らみます。シープスキンとブランケットを揃れば、きっと大満足。

ポンタも色々な品種のブランケットを使ってきましたが、やっぱり自然とジェイコブを手に取ってしまうのは、やっぱり軽くてあったかくてこのふんわり感がいいからでしょうね。ニットも織もどちらもおすすめです。
ブチの茶の色は赤っぽいのからグレーっぽいのまで、少しずつ違います。

旅人の3点セット、シープスキン、トラベラーズブランケット(正方形、ショールにもブランケットにも)、セーター(ポンタ作)。

ミニチュアのジャコブのセーター。編み方はスピナッツ60号。

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA