• HOME
  • 羊毛について

羊毛について

SPINNUTSの羊毛・フリースは、世界の色々な国から届きます。
届いた羊毛・フリースは広げて、丁寧にチェック。

ウールクラッサー(羊毛鑑定士)の本出ますみが
フリース一頭一頭の毛番手(繊維の太さ)、クリンプ(巻縮)、色、重さを確認します。
そのフリースの平均的な1ステイプル(一房)を取りだし、データをとり
お客様のニーズに合わせて出荷できるようにしています。

格付けされた羊毛・フリースには、スピナッツの採点表を添付します。
そこには、国・牧場名・色・毛番手・毛長・毛量・そのフリースの特徴・グレード、そして価格が記入されています。
この採点表を参考にしていただき、次回ご注文の際、「もう少し細いもの」や、「弾力のあるもの」など
ご要望をいただければ、できる限りお応えしていきたいと考えています。

<羊毛の毛番手「s・セカント」について>
1ポンド(約450g)の洗毛トップ(コーム=櫛を通した羊毛)から
560ヤード(約512m)のカセがいくつできるか
という羊毛の繊維の太さを表す英国ブラッドフォード式の単位です。
数字が大きければ大きいほど細くなり
100s、90s、80s、70s、64s、60s、58s、56s、54s、52s、50s、48s、46s、44s、40s、36sと、偶数で表記されます。
また、「s・セカント」と併用して羊毛取引の現場では
繊維の断面の直径を表記する「μ・ミクロン(18μ〜40μ)」も使われています。
SPINNUTSの採点表では、「s」と「μ」の両方で羊毛の毛番手を表記しています。

​1頭ごとの毛質のキャラクター、毛の番手、毛の長さ、毛の色、どこからやってきた羊なのか…
天然のものなので、どれひとつとっても同じものはありません。

一つ一つの羊毛のご注文に沿って、スタッフが丁寧に選んでいます。

お客様のご要望に応えられるよう、ご相談させていただくこともございますので、
なにとぞご理解・ご了承のほどよろしくお願いいたします。